赤毛のアンの翻訳者、村岡花子さんの生涯 赤毛のアン出版100周年



赤毛のアンの翻訳者、村岡花子さんの生涯


赤毛のアンを初めて日本に紹介した、翻訳者の村岡花子さんの

生涯を綴った本が出ました。


    

    アンのゆりかご



ミッションスクールでみっちり英語を学び、文学が大好きだった

村岡さんの生い立ちが大変興味深く、それとともに、「赤毛のアン」を

どのような想いで訳したのかが、お孫さんの筆で語られています。




赤毛のアンのファンの方だけでなく、今とは違った、古き良き

戦前の一人の女性の生き方を知る上でも、貴重な一冊だといえる

でしょう。



    

    アンのゆりかご




posted by アン | Comment(1) | 赤毛のアンの本
この記事へのコメント
村岡さんが、どんな想いで赤毛のアンを翻訳されたか、是非、知りたいです。赤毛のアン、と一番に命名したのは、村岡さんですから。拝読していて、崇高でしたが、何とか読破しました。
村岡さんの生涯を、知りたいです。
Posted by 玉手 文絵 at 2011年12月21日 07:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。