赤毛のアンの本 赤毛のアン出版100周年



赤毛のアンの世界を写真でつづる

[赤毛のアン] ブログ村キーワード

わたしは『赤毛のアン』ファンが高じて
物語の舞台となった、カナダの
プリンスエドワード島にも行ったほどです(*^_^*)




そんな、わたしのような『赤毛のアン』の
ファンの方に嬉しい本が出ました。





   

図説 赤毛のアン






物語の背景や、ストーリーに出てくる
手芸や料理などが、写真をふんだんに
まじえて紹介されています。




著者である奥田さんは、プリンスエドワード島に
住んでしまったくらいの、『赤毛のアン』ファン。





これまでにも多数のアン関連の著作があり、
この本もしっかりした取材に基づいています。





物語の世界を堪能できるこの一冊、
『赤毛のアン』ファンには必見!




カナダの昔の様子をビジュアルで
知りたい方にもおすすめです。






















posted by アン | 赤毛のアンの本

こんにちはアン


出版100周年を記念して、
アンがグリーンゲイブルズに来る前の
日々を描いた本が出ました。




原題は、Before Green Gables










いちはやく買って読んだのですが、

いつの間にか、邦訳も出ていました(^O^)/






こんにちはアン







これは、カナダの児童文学作家、
バッジ・ウィルソンが書いた本ですが、




依頼を受けて書いたというだけあって、
違和感なく読めます(*^_^*)





筋金入りのモンゴメリファンの
わたしですから、若いころだったら、
「邪道」と思ったかもしれません。




でも、いまは、これもいいかな〜という感じ。





やっぱり、アンに関連する本はいいですね(^_^)v





知らなかったら、NHKのアニメにも
なったんだそうです。




アンがお好きな方には、お勧めです♪





















タグ:赤毛のアン
posted by アン | 赤毛のアンの本

赤毛のアン・ファン必見! グリーンゲイブルズを作ろう!!

[赤毛のアン] ブログ村キーワード


赤毛のアンの家、グリーンゲイブルズを作る

TVコマーシャルをご覧になりましたか?




とうとう待望の、隔週刊「赤毛のアンの家」が出ました(^O^)/


   




ドールハウスのグリーン・ゲイブルズは、世界でも

初めてだそうです(^O^)/





マガジンも、赤毛のアンにちなんだいろいろな事柄が

盛り込まれていて、面白〜い!





赤毛のアンのファンの方、ドールハウス・ファンの方には

見逃せませんね(^_-)-☆






posted by アン | 赤毛のアンの本

赤毛のアンの翻訳者、村岡花子さんの生涯


赤毛のアンを初めて日本に紹介した、翻訳者の村岡花子さんの

生涯を綴った本が出ました。


    

    アンのゆりかご



ミッションスクールでみっちり英語を学び、文学が大好きだった

村岡さんの生い立ちが大変興味深く、それとともに、「赤毛のアン」を

どのような想いで訳したのかが、お孫さんの筆で語られています。




赤毛のアンのファンの方だけでなく、今とは違った、古き良き

戦前の一人の女性の生き方を知る上でも、貴重な一冊だといえる

でしょう。



    

    アンのゆりかご




posted by アン | Comment(1) | 赤毛のアンの本

赤毛のアンへの旅〜秘められた愛と謎


NHKの3カ月トピック英会話 『赤毛のアン』への旅

「原書で親しむAnneの世界」がスタートしましたね。



毎回、原書の一部を取り上げて解説するだけでなく、

「赤毛のアン」の舞台となっているプリンスエドワード島

でのロケ映像が盛り込まれて、赤毛のアンのファンを

楽しませてくれます。



その3か月トピック英会話と連動した解説本が出ました。


   

   赤毛のアンへの旅〜秘められた愛と謎




番組の講師であり、「赤毛のアン」の翻訳者でもある

松本侑子さんが、赤毛のアンに隠されたさまざまな

引用や作者であるモンゴメリの意図を解き明かして

くれます。これを読めば、物語の理解がますます

深まること、間違いありませんね(*^^)v



しかも、プリンスエドワード島や引用にまつわる場所の

カラー写真が豊富に使われているので、見るだけでも

赤毛のアンの世界にひたることができるんですよ♪



NHKの3か月トピック英会話を見ている方も、そうでない

方も、赤毛のアンのファンにはぜひともお進めしたい本です。


   

   赤毛のアンへの旅〜秘められた愛と謎



赤毛のアンの新装版を発売


「赤毛のアン」の出版100周年を記念して、新装版が

出ています。その代表的なものが、新潮文庫。



「赤毛のアン」の人気の火付け役ともなった、

村岡花子さんの訳で親しまれてきた新潮文庫ですが

100周年記念の新装版では、これまで省略されていた

部分を、村岡花子さんのお孫さんが補って、

より完全な形で「赤毛のアン」が楽しめるようになりました。


     

     赤毛のアン



わたしも、新しい新潮文庫を買って、また「赤毛のアン」

シリーズを読みなおしていますが、読みなおすたびに

新しい発見があり、感じることが違って、奥の深さを

実感しています(*^^)v


新潮文庫では、「赤毛のアン」シリーズの感想文コンテストを

実施中。最優秀に選ばれると、「赤毛のアン」の舞台である

プリンスエドワード島への旅行がプレゼントされます。


「赤毛のアン誕生100年」感想文コンテスト
http://www.shinchosha.co.jp/anne100/
   


   
     

     赤毛のアン




今日もお読みいただいて、ありがとうございました。
   ↓
にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ



posted by アン | Comment(0) | 赤毛のアンの本
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。